コンゴで連立政権発足へ

カビラ前大統領と合意

©一般社団法人共同通信社

 【ナイロビ共同】コンゴ(旧ザイール)からの報道によると、昨年12月の大統領選で当選し1月に大統領に就任したチセケディ氏と、退任したカビラ前大統領が6日、連立政権を発足させることで合意したと発表した。

 チセケディ氏らが率いる政党連合は、大統領選と同時に実施された下院選(定数500)で低迷。過半数を獲得したカビラ前政権の与党連合と連携し、安定した政権運営を目指す。

 鉱物資源を巡り汚職疑惑が取り沙汰されたカビラ氏は、2016年の任期切れ後も居座り2年遅れで選挙を実施した。

 大統領選では、野党候補の石油会社元役員ファユル氏の勝利が確実視されていた。