ZOZOマリン「改修工事」の一部始終 球場の変化、30秒で分かる動画がすごい

©株式会社ジェイ・キャスト

プロ野球パ・リーグの千葉ロッテマリーンズの本拠地であるZOZOマリンスタジアムに2019年シーズンから新シートが設置される。1塁側・3塁側あわせて746席が新設されたのだ。

上が完成前、下が完成後 千葉ロッテマリーンズ公式アカウント(@Chiba_Lotte)より。編集部で一部加工

上が完成前、下が完成後 千葉ロッテマリーンズ公式アカウント(@Chiba_Lotte)より。編集部で一部加工

その新シートの設置工事の様子を30秒にまとめたコマ送り動画を、千葉ロッテマリーンズの公式アカウントがツイッターに投稿した。

4か月をぎゅっと凝縮

新たに設置されるのはダグアウト真後ろ上部のグループ席「ダグアウトボックス」、内野のファールグラウンドにせり出した「サブマリン・シート」、そして外野席前にできた「ホームランラグーン」だ。

これら3席種、計746席ができあがる様子がこちらだ。

18年11月の工事スタートから19年3月4日の完成まで約4か月が30秒の動画だとあっという間に感じる。3月7日12時までに再生回数11万6000回を超えるなど反響を呼んでいる。投稿のリプライ(返信)欄には、

といった反応が寄せられた。

千葉ロッテマリーンズの担当者によると、ZOZOマリンでの試合は3月9日から行われるとのこと。かなりギリギリまで工事が行われていたのがわかる。

より選手に近い位置で臨場感を味わえる新シート。公式サイトのイメージを見るとますます行ってみたくなる。

ダグアウトボックス (千葉ロッテマリーンズの公式サイトより)

ダグアウトボックス (千葉ロッテマリーンズの公式サイトより)

サブマリン・シート (千葉ロッテマリーンズの公式サイトより)

サブマリン・シート (千葉ロッテマリーンズの公式サイトより)

ホームランラグーン (千葉ロッテマリーンズの公式サイトより)

ホームランラグーン (千葉ロッテマリーンズの公式サイトより)

新シートに観客が入るのは3月29日に行われる予定の開幕戦。昨シーズンは残念ながら5位だった千葉ロッテマリーンズだが、新しくなった球場と共に今シーズンの躍進に期待したい。