GDP改定値、年1.9%増

10~12月期、上方修正

©一般社団法人共同通信社

 内閣府が8日発表した2018年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)改定値は、物価変動を除いた実質で前期比0.5%増、年率換算では1.9%増となり、速報値の年率1.4%増から上方修正された。企業の設備投資の伸びが速報段階を上回ったことが主導した。プラス成長は2四半期ぶりだが、自然災害で経済活動が低迷した7~9月期(年率2.4%減)からの戻りは鈍かった。

 中国経済減速の影響が生産や輸出に広がって19年1~3月期は悪化する懸念もある。茂木敏充経済再生担当相は記者会見で「中国経済の先行きや海外経済の動向などのリスク要因を注視したい」と話した。