大阪府知事と市長が辞職願提出

都構想巡り入れ替わりダブル選へ

©一般社団法人共同通信社

大阪維新の会の会合であいさつする松井一郎大阪府知事。自身が市長選に、吉村洋文大阪市長(右)が知事選にそれぞれ入れ替わって立候補すると表明した=8日午後、大阪市

 松井一郎大阪府知事(日本維新の会・大阪維新の会代表)と吉村洋文大阪市長は8日、府市両議会の議長にそれぞれ20日付での辞職願を提出した。大阪都構想の住民投票実現を争点に掲げ、それぞれ入れ替わる形で市長選、知事選に立候補する意向だ。自民党などは「反維新」勢力による共闘も視野に入れ対抗馬の擁立を急ぐ。

 知事選は21日、市長選は24日に告示され、大阪維新が過半数議席獲得を目指す府議選、市議選と同じ4月7日に投開票される。入れ替わりダブル選をぶつけて議会選挙を盛り上げる狙い。単純な出直し選の場合は半年後に再び選挙の必要があり、巨額経費への批判をかわす目的もある。

松井一郎大阪府知事、吉村洋文大阪市長