S・ラモスがレアルから去る? ペレス会長との口論が明るみに 

©株式会社FACTORIES

ラモスとペレス会長の関係は崩壊したようだ photo/Getty Images

スペイン国王杯では準決勝で姿を消し、リーガ・エスパニョーラにおいては首位バルセロナに勝ち点差12をつけられているレアル・マドリード。UEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16でもアヤックスに2戦合計スコア3-5で敗れ、同大会4連覇の夢が潰えている。

3月にして今季の無冠が濃厚となっている同クラブだが、深刻な内紛が勃発したようだ。スペイン紙『MARCA』によると、同クラブのフロレンティーノ・ペレス会長が現地時間5日に行われたCLラウンド16の第2戦終了後、ロッカールームにて選手たちを罵倒。本拠地サンティアゴ・ベルナベウでアヤックスに1-4で敗れるという惨状を受け、「恥ずべきことだ!」と連呼したようだ。

このペレス会長の言葉に、主将のセルヒオ・ラモスが猛反発。今季開幕前に十分な戦力補強を行わなかったフロントにも責任があるという旨の発言をし、この物言いに怒ったペレス会長がラモスにむけ、クラブからの追放をほのめかす言葉を浴びせたようだ。

同国紙『as』によると、ペレス会長の脅迫めいた発言に激怒したラモスが、「(残りの契約期間分の)給料を払ってくれるなら出て行ってやる」と返答したとのこと。今後もお家騒動は泥沼化しそうだ。