腕時計Gショック1千万個突破へ

カシオ、19年度出荷見通し

©一般社団法人共同通信社

カシオ計算機の腕時計「G―SHOCK」の初代モデル

 カシオ計算機は8日、衝撃に強い腕時計として人気がある「G―SHOCK(ショック)」の全世界への出荷数が2019年度に初めて1千万個を突破するとの見通しを明らかにした。東南アジアなど海外での販売が伸び、950万個程度となる18年度より50万個以上増えると見込んでいる。

 Gショックは1983年に初代モデルを発売し、17年8月末に累計出荷が1億個を超えたカシオの主力製品。ここ数年はおおむね50万個のペースで出荷数を伸ばしており、19年度も勢いが続くとみている。

 外装にステンレスやチタンを用いた「メタルモデル」を18年に相次いで投入、斬新さが受けた。

カシオ計算機が発売している「G―SHOCK」のメタルモデル