ネット投資仲介会社を集団提訴

投資家ら「虚偽説明」

©一般社団法人共同通信社

 インターネットで投資を募って企業に貸し付ける「ソーシャルレンディング」を巡り、虚偽の説明で資金を集めたとして、個人投資家54人と法人3社は8日、業界最大手の「maneoマーケット」(東京)などに計約11億円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。

 訴状によると、大阪市の再生エネルギー開発会社「JCサービス」の子会社「グリーンインフラレンディング」(GIL、東京)は、maneo社を通じてJC社のプロジェクトへの投資を募集。集めた資金を別の事業に流用したと主張している。JC社とGIL、両社の社長を兼務する男性も訴えている。