ダウンロード規制に懸念

自民幹部「自由を制約」

©一般社団法人共同通信社

 自民党の加藤勝信総務会長は8日の記者会見で、インターネット上の違法ダウンロード規制を強化する著作権法改正案に関し「ユーザーの自由が大きく制約される」との懸念を踏まえて再検討すべきだと指摘した。「守られるべき漫画家や関係者から懸念が出ている。議論して詰めてほしい」と述べた。

 改正案は全ての著作物を対象に、著作権者に無断で掲載されたと知りつつダウンロードする行為を違法とする。悪質なケースには刑事罰を科す。

 これに対し、著作権に詳しい学識経験者や弁護士、漫画家団体などからは、対象が広すぎてネット利用者を過度に萎縮させるなどの声が出ている。