バド渡辺、東野組ら4強入り

全英オープン

©一般社団法人共同通信社

混合ダブルスの準々決勝でプレーする渡辺(奥)、東野組。インドネシアのペアを下し、4強入りした=バーミンガム(共同)

 【バーミンガム(英国)共同】バドミントンの全英オープン第3日は8日、英国のバーミンガムで各種目の準々決勝が行われ、混合ダブルスで2連覇を目指す渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)はインドネシアのペアを2―0で下し、4強入りした。

 女子ダブルスで米元小春、田中志穂組(北都銀行)はインドネシアのペアに快勝し、準決勝に進んだ。永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)は中国ペアと対戦した。

 シングルスで女子の山口茜(再春館製薬所)は何冰嬌(中国)に2―1で勝利。男子の常山幹太(トナミ運輸)は石宇奇(中国)と顔を合わせる。

女子ダブルスの準々決勝でプレーする米元(手前)、田中組。インドネシアのペアに快勝し、4強入りした=バーミンガム(共同)