原発周辺、半数以上「帰還せず」

40代以下の住民、復興に影響も

©一般社団法人共同通信社

日中も人通りの少ない福島県浪江町の中心部。避難解除後に自宅に戻ったという高齢女性は「周囲の人たちはなかなか帰ってこない」と話した=2月

 東京電力福島第1原発事故で避難指示が出た双葉、浪江、富岡3町で、40代以下の住民の半数以上が帰還しない意向を示していることが復興庁などの調査で9日、分かった。働き盛りの世代が戻らなければ地域の復興に大きな影響が出るとみられ、各町は生活環境の整備を進めている。だが、避難先で生活基盤を固めた世帯も多く、呼び戻すのは容易ではなさそうだ。

 2017年に避難指示が一部解除された富岡町、浪江町は傾向が似ており、20代以下、30代では「帰還しない」が60%を超えた。第1原発が立地し全域避難が続く双葉町では年代を問わず「帰還しない」が多く、全体で61.5%だった。