【MLB】田中将大、開幕投手なるか OP戦好投で監督も称賛「スライダーが素晴らしい」

©株式会社Creative2

ヤンキース・田中将大【写真:田口有史】

OP戦2度目の登板で4連続含む5奪三振「彼は良かったと思う」

 ヤンキースの田中将大投手は8日(日本時間9日)、本拠地タイガース戦でオープン戦2度目の先発マウンドに上がり、3回1/3を投げて4安打2失点5奪三振1四球。開幕投手候補の右腕の投球にアーロン・ブーン監督は「今夜のスライダーは素晴らしかった」と称賛した。

 田中は初回から変化球が決まり、3者連続三振と圧巻のスタートを切ると、2回先頭のディクソンも空振り三振で4者連続三振。四球とヒットで1死一、二塁となり、牽制で二塁走者を刺したものの、ベッカムに変化球を左中間へ運ばれ適時二塁打で1点を失った。

 3回は1死から若手有望株のキャメロンに右翼へのソロ本塁打を被弾。続くグッドラムには右翼線への二塁打を許すも、後続を断つと、4回の先頭打者を三ゴロに討ち取ったところで降板となった。53球を投げてストライクは34球だった。

 開幕投手に内定していたセベリーノが離脱し、2年ぶり4度目の大役へ有力候補に再浮上している田中。試合中に地元テレビ局「YES」のインタビューに答えたブーン監督は「良かった。彼は良かったと思う。今夜のスライダーは素晴らしかった」と称賛した。2失点したものの、「ベッカムにスライダーを打たれたが、私にはそこまで悪い球には見えなかった。非常に良いスライダーを投げていた」と評価。指揮官からの信頼も厚い右腕は、開幕へ向けて順調に前に進んでいるようだ。(Full-Count編集部)