看護師採用 合否誤発送 沖縄愛楽園 通知書、別の受験者に

©株式会社琉球新報社

 【名護】名護市済井出の国立療養所・沖縄愛楽園が実施した看護師採用試験で、同園が受験者を取り違えて合否結果を郵送していたことが8日分かった。同園は通知を受けた受験者からの問い合わせで事実を把握、取り違えた3人に電話と文書で謝罪した。

 試験は2月27日に実施し、9人が受験した。同園は3月5日付で結果を郵送したが、不合格となった6人のうちの3人に違う受験者あての通知書を送った。郵送先を記した封筒の氏名は正しく、同封された通知書が別の受験者のものだった。誤った通知を受けた30代の女性は「受験者にとって大切な試験。対応がお粗末過ぎる」と批判した。

 同園の担当者は「二重チェックができていなかった。このようなことが二度とないように気を付けたい」と話した。