スケート斎藤選手が復帰初戦優勝

ドーピングでけん責処分

©一般社団法人共同通信社

スピードスケート・ショートトラックのジャパントロフィー選手権に出場した斎藤慧選手=9日、広島市のひろしんビッグウェーブ

 昨年2月の平昌冬季五輪でのドーピング検査で陽性反応を示したスピードスケート・ショートトラック男子の斎藤慧選手(23)が、9日開幕のジャパントロフィー選手権(広島)で競技会に復帰、最初の種目の男子1500メートルで優勝した。会場で調整した8日には「1年間試合に出ていないので緊張感がある」と話していた。

 斎藤選手は五輪の選手村で受けた抜き打ち検査で、利尿作用がある禁止物質「アセタゾラミド」に陽性反応を示し、暫定資格停止処分を受けた。今年1月、スポーツ仲裁裁判所(CAS)の仲裁手続きで、資格停止期間を伴わない異例の「けん責」処分になったことが発表されていた。

スピードスケート・ショートトラックのジャパントロフィー選手権で競技会に復帰し、初戦の男子1500メートルで優勝した斎藤慧選手=9日、広島市のひろしんビッグウェーブ