五輪に向けテロ対策訓練

横浜スタジアム、爆発想定

©一般社団法人共同通信社

横浜スタジアムで行われた訓練で、負傷者役を搬送する警察官ら=9日午前、横浜市

 神奈川県や横浜市は9日、2020年東京五輪・パラリンピックの開催に向け、野球・ソフトボールの主会場となる横浜スタジアムなどでテロ対策訓練を実施した。関係機関の連携を確認し、不測の事態への対応力を強化するのが狙い。

 スタジアムの観客席や、横浜港を航行中の大型客船内で爆発があったとの想定で、県警や自衛隊、海上保安庁などから約千人が参加した。

 スタジアムでは観客の避難を誘導し、化学剤の有無を測定してから負傷者を搬送。横浜港大さん橋では、海保の巡視船が、爆発後に逃走した不審船を追跡して犯人役の身柄を確保した。

横浜港で行われた訓練で、「不審船」に乗り込もうとする海上保安庁の職員ら=9日午前