【企業分析バトル 追跡!】ポートフォリオを調整 OBC売却、アステリアを買い増し(國學院大)

©株式会社ジェイ・キャスト

株式市場は年明け早々に米アップル・ショックの影響で株価が急落したものの、その後は比較的落ち着いた展開をみせる。外国為替市場も大きく崩れることなく推移している。2018年の今ごろは「VIX(恐怖指数)ショック」と呼ばれる大暴落が起こったことがまだ記憶に新しく、あれからもう1年経ったという実感が湧かない。

アステリア株を買い増し!(画像は、アステリアのホームページから)

そうしたなか、ポートフォリオの一部を調整することに。オービックビジネスコンサルタント(OBC)を一部売却した。

OBC、200株を100株に半減

__【オービックビジネスコンサルタント(4733)】
2019年2月22 日終値4460円で100株を売却。
2万5000円の損失。残り、100株を保有。取得単価は、4710円。
年初来高値(2018年9月26日) 5245円
年初来安値(2018年2月6日) 2865円
2月28日(木)終値 4300円__

2018年11月末に100株を購入したオービックビジネスコンサルタント(OBC)。購入後にサプライズ決算と株式分割を発表。株価も絶好調といってほしかったが、購入価格の4710円を下回って推移している。

業績の上方修正も発表し、ファンダメンタルズとしては申し分ないわけだが、株式分割が行われたことで、OBC株を200株保有することになったため、半分の100株を一度売却することにした。

これはファンダメンタルズも、相場環境も好調なのに、株価がそれに連動した動きになっていないことがある。また200万円というポートフォリオの中で、50%近くをOBC株で占めていたため、資金を分散させる狙いもある。

2019年2月22 日の終値4460円で、100株を売却。25000の損失。残り、100株を保有。取得単価は、4710円になった。

アステリアを200株買い増し!

__【アステリア(3853)】
2019年2月22日(金)終値812円で200株を追加購入。
合計で400株を保有。取得単価は、914.5円
年初来高値(2018年4月26日) 1409円
年初来安値(2018年12月25日) 641円
2019年2月28日(木)終値 806円__

一方、2018年10月末に1株1017円で200株を購入した、ソフトウェア開発・販売のアステリアの株価は、その後低迷。2019年2月24日現在は購入価格から約20%下落した800円台で推移している。

同社は、成長企業で株価収益率(PER)が非常に割高であるため、ある程度の下落は想定していたが、さすがに600円台まで下落したときは少し焦った。

そんなアステリア株を、200株追加で購入することに決めた。買い増しの理由は、決算と同時に発表された「投資専門子会社」の設立にある。この投資子会社は、同社が重視する「4D」(Data、Device、Decentralized、Design)に合致する企業への効率的な投資を行い、グループの成長戦略を加速させるために設立された。投資原資は約2000万米ドルと予想されている。

アステリアはかねてから、新たなM&A;(企業の買収・合併)や積極的な投資を進めるとしていたが、これがカタチとして現れてきた。投資金額も、日本円で22憶円程度の投資会社ではあるが、時価総額140憶円ほどの同社の規模を考えるとかなり大きな投資と考えられる。

このアステリアの「姿勢」に期待。成長を強く意識したいと思う。