中国、対米貿易「正常化が必要」

商務次官が会見で強調

©一般社団法人共同通信社

記者会見する中国の王受文商務次官=9日、北京(共同)

 【北京、ワシントン共同】中国の王受文商務次官は9日、北京で開会中の全国人民代表大会(全人代)に合わせ記者会見し、米国との貿易協議で両国が互いの製品に課している全ての追加関税を撤廃する方向で交渉を続けていることを明らかにした。王氏は双方が制裁措置を取り下げることで「両国の貿易を正常な軌道に戻す」ことが必要だと強調した。

 両国は、当初は今月1日までの予定だった交渉期限を延長。早ければ今月下旬にも中国の習近平国家主席とトランプ米大統領が会談し協議を妥結させることを目指している。

 王氏は「双方向で公平、対等でなければならない」とし、安易に妥協しない考えを示した。

記者会見する中国の鍾山商務相(中央)ら=9日、北京(共同)