DeNA今永が圧巻の3連続K発進 全て空振り三振、侍ジャパン先発

©株式会社Creative2

メキシコ戦で先発を務めるDeNA・今永昇太【写真:Getty Images】

侍ジャパンはメキシコ代表と京セラドームで対戦

■侍ジャパン – メキシコ(9日・京セラドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は9日、京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019 日本vsメキシコ」でメキシコ代表と対戦した。侍ジャパンの先発を託された今永昇太投手(DeNA)が3者連続三振の圧巻の立ち上がりを披露した。

 大事な初戦を託された今永が圧巻のピッチングだ。1点の先制点をもらった、その裏。先頭のロバーソンを追い込むと、チェンジアップで空振り三振。続く元広島のペーニャに対しても1ボール2ストライクからのチェンジアップでバットに空を斬らせた。

 さらに、3番のビクトル・メンドーサに対してはカーブでカウントを稼ぎ、1ボール2ストライクとすると、一転、思い切った真っ直ぐ勝負。こちらも見事に空振り三振に仕留め、初回を3者連続空振り三振で斬って取った。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)