オリ吉田正が侍J初打席で初安打&初打点 初回先制打に「積極的に打ちに行こうと」

©株式会社Creative2

先制タイムリーを放ったオリックス・吉田正尚【写真:Getty Images】

オリックスの本拠地・京セラドームで吉田正が中前打

■侍ジャパン – メキシコ(9日・京セラドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とメキシコ代表が戦う「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」は9日、京セラドームで初戦を行い、初回に吉田正尚(オリックス)が中前タイムリーを放ち先制に成功した。

 日本は初回、先頭の上林(ソフトバンク)が初球を叩き中前打、西川(日本ハム)が四球を選び続く近藤(日本ハム)は三ゴロ併殺に倒れる。だが、2死一、三塁から吉田正が中前適時打を放ち先制に成功した。

 侍ジャパンに初選出され初打席で初安打、初打点をマーク。本拠地・京セラドームで先制打を放った吉田正は「先制点のチャンスだったのでストライクが来たら積極的に打ちに行こうと思い打席に入りました」とコメントした。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)