ファジ、岐阜に屈し連勝ならず アウェーで1―2、暫定14位

©株式会社山陽新聞社

 明治安田J2第3節第1日(9日・岐阜メモリアルセンター長良川競技場ほか=6試合)ファジアーノ岡山はアウェーで岐阜に1―2で敗れた。勝ち点3(1勝2敗)で順位は暫定14位。

 水戸は長崎を1―0で破り、新潟に1―0で勝った柏とともに開幕3連勝とした。甲府は鹿児島、京都は福岡を下し、ともに勝ち点7。東京Vは初勝利。

 ファジアーノは次節の17日、ホームで福岡と対戦する。

岐阜2―1岡山

前半1―0

後半1―1

岐阜2勝1敗(6)

岡山1勝2敗(3)

 【評】連勝を逃したファジアーノ岡山は2失点目が痛かった。1点を追う後半8分、喜山のゴール前へのパスを起点に最後はイ・ヨンジェが突き刺し振り出しに戻したが、21分に左クロスをクリアできずオウンゴール。押せ押せムードが一気にしぼんだ。シュート13本で1得点は物足りない。

 岐阜は持ち前のパスワークを随所に発揮。前半30分に先制点を決めたエースのライアンデフリースが出色の出来だった。

後半21分、1―2と勝ち越され険しい表情を浮かべるファジアーノ岡山の武田将平(16)ら=岐阜メモリアルセンター長良川競技場