北朝鮮に東京五輪のID付与せず

組織委、制裁が背景

©一般社団法人共同通信社

平昌五輪の開会式会場のスタンドで、北朝鮮国旗を掲げる女性応援団=2018年2月(共同)

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、選手団参加や入場券配分の手続きを行うために各国・地域の国内オリンピック委員会(NOC)が必要とするIDなどの電子情報を北朝鮮NOCにだけ提供していないことが9日、分かった。北朝鮮国籍保有者の入国を原則禁じる日本独自の制裁が背景にあり、同国に厳しい姿勢を取る首相官邸に配慮した可能性がある。北朝鮮側は「五輪憲章の精神に反する」と反発、国際オリンピック委員会(IOC)を通して正式に抗議することも検討しているという。

 今後、日朝政府間の接触が実現した場合は、この案件も議題に上る可能性がある。