<楽天>先発候補アピールできず 美馬「内容がない」古川「情けない」

©株式会社河北新報社

 右肘手術で離脱した東北楽天のエース則本昂の穴を埋める先発候補の美馬、古川がそろって失点を重ね不安を残した。

 先発美馬は4回3失点。「どの球種もストライクが入らなかった」と制球に苦しんだ。三回は先頭打者への四球をきっかけに森の適時打など3長短打を浴び3点を奪われた。ベテラン右腕は先発の柱の役割が求められているが「内容がなさ過ぎた。こんなんじゃ(役割を)背負えない」と厳しい表情を見せた。

 2番手古川も3回3失点で4四球を与えるなど不安定だった。「球に力がなくコントロールもできなかった。情けない」と肩を落とした。平石監督は「古川は本来の能力から程遠い内容だった。もう一度、状態を上げる方法を探っていきたい」と語った。