スピードW杯500、新浜立也が日本新2位

©一般社団法人共同通信社

 【ソルトレークシティー共同】スピードスケートのワールドカップ(W杯)は9日、米ソルトレークシティーで行われ、男子500メートルで新浜立也(高崎健康福祉大)が日本記録を大幅に更新する33秒83で2位となった。パベル・クリズニコフ(ロシア)が33秒61の世界新で優勝。