「めざまし」特番に歴代女性キャスター集結!「イノ調SP版」も放送決定

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系の情報番組「めざましテレビ」放送25周年を記念した、3月29日放送の「今夜発表!4時間生放送 平成エンタメニュースの主役100人“ムチャ”なお願いしちゃいましたSP」(午後7:00)に、「めざましテレビ」の歴代女性メインキャスター6人が総出演する。

同番組はメインキャスターに明石家さんまを迎え、4時間生放送でおくる「めざましテレビ」の特別番組。八木亜希子、小島奈津子、木佐彩子、高島彩、生野陽子、加藤綾子の「めざまし」歴代女性メインキャスターが、初めて生放送で顔をそろえる。八木は「『めざましテレビ』が四半世紀続いているということが感慨深いです。おめでとうございます」と感無量の様子。小島は「16年ぶりに『めざましテレビ』にかかわれることに感無量です。いつも見ている『めざましテレビ』に私が毎日出演していたことを、今まで中学生の娘に信じてもらえませんでしたが、これで証明することができそうです!」とうれしそうに話した。

木佐は「私が入社した年に『めざましテレビ』が始まったので、どこか“同期”のような存在です。久しぶりに“めざましファミリー”とわいわいできるのを楽しみにしています」と喜び、高島は「25周年。私も40歳になるわけです。『めざましテレビ』を見て大人になり、『めざましテレビ』に育ててもらい、どうにか嫁に送り出してもらいました。今思えばなかなか面白いアナウンサー生活が送れたのも、“めざましファミリー”という言葉に象徴される、家族のおかげです」と感謝しきりだ。

生野は「『めざましテレビ』は結婚の報告で卒業し、久々の出演(産休に入る直前)で妊娠の報告もでき、故郷の実家のような存在だなぁと感じております」とし、加藤は「『めざまし』の司会をさんまさんが、しかも歴代のアナウンサーが集まるということで、どんな番組になるのか本当に楽しみです!」と期待している。

さらに、「めざましテレビ」木曜レギュラーのHey! Say! JUMP・伊野尾慧の出演も決定、「イノ調」のスペシャル版をおくることも決まった。「イノ調スペシャル版」では、平成に大いに盛り上がった“ものまね芸”を徹底調査する。