低気圧発達、強風の恐れ

九州北部や東北

©一般社団法人共同通信社

 気象庁は10日、発達する低気圧の影響で11日にかけ、九州北部や北日本の太平洋側で非常に強い風が吹き、北日本の太平洋側では海が大しけとなる恐れがあるとして、暴風や高波への警戒を呼び掛けた。

 気象庁によると、前線を伴った低気圧が10日未明、沖縄本島付近にあり、東北東に進んでいる。発達しながら北東に進み、11日の日中には三陸沖に進む見込み。別の低気圧も九州の西海上にあり、発達しながら東北東に進んでいる。

 11日にかけ予想される最大風速(最大瞬間風速)は東北が23メートル(35メートル)、九州北部が20メートル(30メートル)。