比嘉、首位独走7打差 地元Vへ王手 ダイキン女子ゴルフ

©株式会社琉球新報社

 ゴルフの国内女子ツアー開幕を飾る「第32回ダイキンオーキッドレディストーナメント」は9日、沖縄県南城市の琉球GC(6514ヤード、パー72)で第3ラウンドがあり、2位と2打差の単独首位で出た比嘉真美子が雨と強風の中で3バーディー、2ボギーの71と伸ばして通算9アンダー、207で2位との差を7打差に広げた。山内日菜子と並び71で、2日目に続き、この日もベストスコアだった。2位には原江里菜、小祝さくら、松田鈴英、申ジエ(韓国)が並んだ。

 県勢は72で粘った新垣比菜と、二つ落とした宮里美香が共に通算2オーバーで15位。76で回った上原彩子は29位、82と落とした大城さつきは50位につけた。

 最終ラウンドは10日に行う。比嘉が優勝すればツアー5勝目で、2004年の宮里藍選手の制覇以来、県勢では15年ぶり2人目のダイキンの頂点となる。比嘉は8年連続10回目の出場で、最高成績は14年の2位。09年と12年にはベストアマに輝いている。