JAL、2019年度も沖縄離島乗継便マイルバック実施 片道最大3,500マイル返還

©Traicy Japan Inc,

日本航空(JAL)は、2019年度の「沖縄離島乗継便 マイルバックキャンペーン」の実施を発表した。

4月1日から来年3月31日の間、JALグループ国内線特典航空券を利用して、本州・九州と沖縄を結ぶ路線(東京/羽田・名古屋/中部・大阪/伊丹・大阪/関西・小松・岡山・福岡~沖縄/那覇線、東京/羽田~久米島線、東京/羽田・大阪/関西~石垣線、東京/羽田~宮古線)の搭乗日の前後2日以内に、沖縄県内の路線(沖縄/那覇~石垣・宮古・久米島・与那国線、石垣~宮古・与那国線)に登場すると、後日マイルの一部を返還(積算)する。

本州・九州と沖縄を結ぶ路線と沖縄県内の路線の組み合わせ1つにつき、返還(積算)されるマイル数は、6月1日から11月30日までと、来年2月1日から3月31日までに本州・九州と沖縄を結ぶ路線に搭乗すると3,500マイル、そのほかの期間は2,500マイルとなる。マイル返還(積算)時期は、本州・九州と沖縄を結ぶ路線の搭乗日の翌月末頃。

例として、8月1日に東京/羽田~沖縄/那覇を搭乗し、8月3日までに沖縄/那覇~石垣、8月5日に石垣~沖縄/那覇、8月7日までに沖縄/那覇~東京/羽田を搭乗した場合、7,000マイル返還される。