侍ジャパン阪神大山、死球で負傷退場も軽症 「学べるところはたくさんあった」

©株式会社Creative2

死球を受け途中交代した阪神・大山悠輔【写真:Getty Images】

「6番・三塁」で先発出場も第2打席で死球を受け負傷退場

■侍ジャパン – メキシコ(10日・京セラドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」は10日、京セラドームで「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2019」でメキシコ代表と対戦し6-0で勝利した。この日「6番・三塁」で先発出場した大山悠輔内野手は3回に左足に死球を受け、負傷交代したが試合後には「大丈夫です」と軽症であることを語った。

 3回先頭で打席に立った大山は右腕F・ロドリゲスが投じた2球目が左膝付近を直撃。そのままベンチに引き下がり交代となった。患部の状態が心配されたが試合後は「大丈夫です」と元気な姿を見せた。

 今大会はわずか2試合だったが収穫もあったようで「学べるところはたくさんあった。いい時間になりました」と語っていた。(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)