スケート、渡辺啓が4位

世界ショートトラック最終日

©一般社団法人共同通信社

男子1000メートル決勝で滑走する渡辺啓太(中央)=ソフィア(共同)

 【ソフィア共同】スピードスケート・ショートトラックの世界選手権最終日は10日、ソフィアで行われ、男子の渡辺啓太(阪南大職)が1000メートルで準々決勝、準決勝と救済措置を受けて決勝に進んで4位に入った。500メートル、1500メートルを合わせ、計3種目の上位選手のみが進出する最後の3000メートルで3位となり、総合6位と健闘した。

 女子1000メートル準々決勝で菊池純礼(トヨタ自動車)は失格となった。

 リレーで5~7位決定戦に回った日本は菊池純、渡辺碧(トヨタ自動車)平井亜実(中京大)菊池悠希(ANA)の女子が1着となって5位だった。