バド、永原・松本組が優勝逃す

全英オープン最終日

©一般社団法人共同通信社

女子ダブルス決勝で中国組と対戦する永原(左)、松本組=バーミンガム(共同)

 【バーミンガム(英国)共同】バドミントンの全英オープン最終日は10日、英国のバーミンガムで各種目の決勝が行われ、女子ダブルスで昨年の世界選手権覇者の永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)が陳清晨、賈一凡組(中国)に1―2で敗れ、日本勢で2016年の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)以来となる同種目の優勝はならなかった。

 混合ダブルスで2連覇を目指す世界ランキング3位の渡辺勇大、東野有紗組(日本ユニシス)は同1位の鄭思維、黄雅瓊組(中国)と2年連続で決勝を戦った。