ムバッペ、PSGのCLベスト16敗退劇を振り返る 「僕は眠れなかった」

©フットボール・トライブ株式会社

パリ・サンジェルマンのキリアン・ムバッペ 写真提供:GettyImages

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペは現地時間6日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)ベスト16の2ndレグ・マンチェスター・ユナイテッド戦での敗戦後の出来事について語っているようだ。10日、フランスのテレビ局『TF1』が伝えている。

PSGはブラジル代表FWネイマールやウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニを欠く中で臨んだ1stレグで2-0と勝利していたこともあり、周囲ではベスト8入りへ大きく近づいているという見方が広まっていた。

ところがホームで行われた2ndレグでは1-2で迎えた後半アディショナルタイムのの90+4分、ユナイテッドのDFディオゴ・ダロトのシュートをDFプレスネル・キンペンべがブロックしているが、これがビデオアシスタントレフリー(VAR)の結果、ハンドの判定となりユナイテッドにPKを献上。これを決められPSGはまさかのベスト16での敗退となっている。

この一戦で先発フル出場を果たしたムバッペはベスト16での敗退劇を振り返っているが「ショックだったよ。我々は(ベスト8進出に向けて)本当にハードワークに努めていた」と落胆した様子を見せる。

そして同選手は「僕は眠れなかった。チームメイトの誰にも同じことが起こったに違いない。チャンピオンズリーグが我々の目標であったので、正直なところこの現実を受け入れるのは厳しい」と語っている。

なおPSGはこの敗退劇により3シーズン連続でCLベスト16止まりとなっている。2016/17シーズンにバルセロナ相手に大逆転劇を許したときと同様、選手たちの間でも相当な悔しさが残っていることだろう。