【MLB】昨季のサイ・ヤング賞左腕が…わずか172万円増の年俸6400万円で契約更新

©株式会社Creative2

レイズのブレイク・スネル【写真:Getty Images】

レイズ左腕が年俸調停の権利を取得するのは今季終了後

 昨季、初のサイ・ヤング賞に輝いたブレイク・スネル投手が、レイズと1万5500ドル(約172万円)アップの年俸57万3700ドル(約6369万円)で契約を更新したとMLB公式サイトが報じた。

 26歳の左腕は昨季、31試合登板でリーグトップの21勝(5敗)、防御率1.89をマークし、180回2/3で221奪三振を記録。オールスターに初めて選出され、サイ・ヤング賞に輝いた。

 ただ、2011年のドラフト1巡目追補(全体52位)という有望株は2016年にデビューしており、年俸調停の権利を取得するのは今季終了後。メジャーではFA選手の超大型契約が相次いでいるが、デビュー3年以内の若手選手が結果を残しても年俸調停権取得までは最低年俸に近い額でプレーすることがほとんどだ。そして、FAになるとさらに年俸が跳ね上がる。

 MLB公式サイトは「レイズがサイ・ヤング賞受賞者のスネルとの契約を更新」とのタイトルでレポート。「2018年のア・リーグのサイ・ヤング賞投手ブレイク・スネルはレイズとの契約を更新した。26歳のスネルは、2018年の年俸から1万5500ドルアップとなる57万3700ドルを、2019年に稼ぐことになる」として、2020年シーズンを前に年俸調停の権利を獲得することも記している。(Full-Count編集部)