地球への窓、無限大 「はやぶさ」打ち上げの内之浦宇宙空間観測所

©株式会社西日本新聞社

1月にイプシロンロケットを打ち上げたMセンターにある発射装置
イプシロンロケットが打ち上がる動きを再現した模型。スイッチを押すと動き出す。
ロケットが飛ぶ空を見つめる糸川英夫像

探査機「はやぶさ2」が2月、小惑星「りゅうぐう」に着陸して大きな話題になった。初号機「はやぶさ」が2010年6月、地球に帰還した際の興奮もまだ記憶に新しい。その7年前に初号機を打ち上げた場所は、鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所だ。今年1月にも小型ロケット「イプシロン」4号機を打ち上げた。夢の宇宙への入り口に立ちたくなって現地に向かった。

車は観測所のある大隅半島東部を目指した。山道を抜けて見晴らしの良い場所にたどり着くと、巨大なパラボラアンテナが飛び込んできた。「こんな場所に…」。民家がまばらな山あいと、最先端の基地のイメージが頭の中でつながらないまま、現地に到着した。

入り口で受け付けを済ませて敷地に入ると、ガイド役で職員の松ケ野恵未さんが車で先導してくれた。起伏の多い山を削って造った敷地は約70万平方メートル。東京ドーム15個分に建物などが機能的に配置された、世界でも珍しいロケット基地だ。

最初に向かったのは、所内で最も高い標高344メートルにある衛星(ほし)ケ丘展望台。直径20メートルのアンテナを備える展望台からは、イプシロンの発射装置など観測所内を一望できる。松ケ野さんが「晴れた日は遠くに種子島や屋久島も見えますよ」と付け加えた。

展望台の先の丘にあるのが国内有数の大きさを誇る直径34メートルのアンテナ。人工衛星や探査機を追跡する。「はやぶさ」と最後に交信し、地球を映した画像も受け取った。「あっ、動いている」。アンテナを見ていると角度が変わっていくのが分かった。衛星を偶然、追跡し始めた。巨大なアンテナがゆっくりと首を振る姿は壮観だった。

◇◇◇

次はイプシロンの打ち上げ場となる「M(ミュー)センター」に到着。ロケットの組み立て室や整備棟、発射装置を見学できる。発射装置は2カ月前の打ち上げ時に生じたすすがくっきりと残っていた。発射時の火力のすさまじさを感じた。周辺に打ち上げたロケットの実物模型が展示されている。「やっぱりロケットは大きいし、迫力が違う」。間近に見て実感できた。

観測所は1962年2月に開設。70年にわが国初の人工衛星「おおすみ」を載せたロケットを皮切りに、大小約400のロケットを打ち上げた実績を誇る。

この地に観測所建設を決めたのは「日本のロケット開発の父」と称さる糸川英夫博士(1912~99)。東京大教授だった糸川博士はロケット発射場の候補地を求めて全国を巡った。平たん地に造るのが常識とされる中、町の峠で太平洋を見ながら小用を足していた糸川博士は「ここだ」と叫んだ。山頂を削って台地にし、土砂で谷を埋め立て平地を作る「逆転の発想」がひらめいた瞬間だった。

観測所内には、博士の生誕100年を記念して2012年に建てられた銅像がある。帽子をかぶり、眼鏡をかけ、袖をまくった腕組み姿。上昇するロケットの軌跡を見つめ、その先の宇宙を想像しているようだ。銅像は協賛金で建立され、寄付者名簿があった。「父親の名前もある」。銅像に手を合わせ、親子そろって亡き糸川博士に感謝した。

◇◇◇

最後は、宇宙研究の歴史を学べる宇宙科学資料館へ。「歴史的な資料が多く見応えは十分です」と松ケ野さん。建物は5階建てで吹き抜け中央にロケット模型が立ち、下りながら見学する珍しい造りだ。

観測所で実施したさまざまな観測実験やロケット気象実験の成果、宇宙空間の科学研究に関する資料などを展示する。ゆっくり見れば2、3時間はかかりそう。イプシロンが打ち上がる様子を再現した模型は、本番さながらのアナウンスと効果音が楽しめる。「グィーン」と旋回し、整備棟からせり出す発射装置のリアルな動きに目を奪われた。

ロケットを知れば知るほど宇宙は身近に感じることができる。大隅半島にある「宇宙開発の拠点」は、人と宇宙をつなぐ「懸け橋」だとあらためて学んだ。

内之浦宇宙空間観測所の見学ロケット打ち上げ時や整備期間などを除き、年中無休で自由に見学できる。時間は午前8時半~午後4時半。10人以上の団体見学の場合は職員の案内予約を受け付ける。近くの宇宙科学資料館も含めて入場は無料。観測所へは鹿児島空港から車で約2時間。鹿児島市内からは車で約2時間半。観測所=050(3362)3111。

=2019/03/09付 西日本新聞朝刊=