伊調、リオ五輪以来の国際大会へ

4月、中国でのアジア選手権

©一般社団法人共同通信社

伊調馨

 日本レスリング協会は11日、2020年東京五輪で五輪5連覇を目指し、昨年10月に復帰した女子57キロ級の伊調馨(ALSOK)がアジア選手権(4月23~28日・西安=中国)に日本代表として出場すると発表した。国際大会出場は五輪4連覇を成し遂げた16年リオデジャネイロ五輪以来で約2年8カ月ぶりとなる。57キロ級は4月26日に行われる予定。

 伊調は昨年12月の全日本選手権決勝でリオ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)を下し、旧階級を含めて3年ぶり13度目の日本一に輝いた。