復興願い、スカイツリーに花咲く

ハイビスカスなど5種類を照明で

©一般社団法人共同通信社

東日本大震災で被災した地域の復興が進むようにとの思いを込めた東京スカイツリーの「特別ライティング」=11日夕、東京都墨田区

 東京スカイツリー(東京都墨田区)では東日本大震災の被災地で復興が進むように思いを込め、咲き誇る5種類の花を照明で表現する「特別ライティング」が限定で行われた。

 ライティングは、きらきらとした太陽の光が降り注ぐ中、ハイビスカスやラベンダー、マリーゴールドなどの種がまかれ、芽吹き、葉が開き、花が咲くまでの一連の様子を色鮮やかな照明のグラデーションで表現した。

 「明るい未来」をテーマにし、2013年に地元・墨田区の小学生から寄せられたデザインを採用。14年以来、毎年3月11日に点灯している。