レインボーブリッジに虹 「素敵なミラクル」「3.11にこの光景」

©株式会社ジェイ・キャスト

東京・台場のレインボーブリッジで、橋の上に重なるように鮮やかな虹がかかり、ツイッター上などで驚く声が上がっている。

天達武史さんの番組公式アカウントから

降っていた雨が上がり、日も差し始めた2019年3月11日午前、ちょっとした奇跡が起こった。

気象予報士の天達武史さんも、中継中のことにびっくり

まるでレインボーブリッジに寄り添うように、虹の架け橋ができている。これほど、低い位置に虹ができるのは珍しいかもしれない。

「けさのお天気中継中、お台場のレインボーブリッジに虹がかかりましたー しかもこんなにくっきり」

気象予報士の天達武史さん(43)は11日、ツイッターに写真をアップして、フジテレビ系情報番組「とくダネ!」に生出演したときの様子をこう報告した。フジテレビは、台場にあるだけに、虹が直接見えたらしい。

台場などから虹を見た人は多いらしく、ツイッター上にも写真や感想が続々投稿されている。

「レインボーブリッジにリアルレインボーブリッジが重なっていた」
「朝から素敵なミラクル。。」
「何か良い事ありそうな、得した気分になりました」

この日は、東日本大震災から8年目に当たるだけに、

「3.11にこの光景。神が舞い降りたような偶然」
「震災で悲しまれた方への神様からの贈り物か?」
「東日本大震災の被災者の方々に届きますように」

などと書き込まれている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)