広島、投手陣炎上でOP戦初黒星 ジョンソン2回6失点、矢崎は1死も取れず4失点

©株式会社Creative2

日本ハムは16安打13得点と打線爆発、2番鶴岡2安打4打点

■日本ハム 13-0 広島(オープン戦・12日・マツダ)

 広島は12日、本拠地マツダスタジアムで日本ハムとオープン戦を戦い、13-0で大敗した。先発のジョンソンが2回6失点と炎上するなど、投手陣が大量点を失った。

 先発ローテを担うジョンソンは立ち上がりから制球に苦しみ、2回に打者一巡の猛攻を食らい、6安打2四死球で6失点。2回で69球に達し、7安打3四死球6失点で降板した。2番手の矢崎は1アウトも取れず、3安打1四球4失点。5番手の九里は4回4安打2四球で2失点と、投手陣が不安を残す内容となった。

 日本ハムは16安打13得点と打線が好調だった。2番に入った鶴岡が2安打4打点、横尾が3安打1本塁打3打点と活躍。先発のマルティネスは4回を投げて、3つの四球を与えたものの、1安打無失点。リリーフ陣も無失点リレーで繋いだ。(Full-Count編集部)