北方領土引き渡し要請なし

冷静に交渉中とロ報道官

©一般社団法人共同通信社

 【モスクワ共同】ロシアのペスコフ大統領報道官は12日、日本との平和条約締結交渉に関し「南クリール諸島(北方領土)の引き渡しについては(日本側から)何の要請もない。辛抱強い、冷静な協議が続いている」と語った。日ロ両政府が進める平和条約締結交渉では島の引き渡しを協議していないと主張する一方、引き渡しそのものを全面否定はしなかった。

 12日付のロシア紙RBKが「ロシア大統領府は『日本に島を引き渡さない』立場を決めた」と報じたことを受け、地元メディアに語った。ペスコフ氏は「日本と交渉しているのは平和条約締結で、島を引き渡すかどうかではない」とも述べた。