第1志望の大学推薦入試願書 神戸の県立高が提出忘れ4生徒受験できず「動揺大きく」

©株式会社神戸新聞社

兵庫県庁3号館=神戸市中央区下山手通5

 神戸市内の兵庫県立高校で昨年11月、県立大の推薦入試を希望する生徒4人の出願書類を期限までに出し忘れ、受験できなくなるミスがあったことが12日、県教育委員会への取材で分かった。県教委は担当していた進路指導部の教員を複数処分する方針で、「生徒の人生を左右しかねない重大なミス。誠に申し訳ない」としている。

 県教委によると、この高校の進路指導部は4人体制。勤務する部屋には出願書類の締め切り日を掲示していたが、いずれも十分に確認しておらず、締め切り日当日になって書類を郵送したため期日に間に合わなかった。

 学校側は保護者や生徒に謝罪。県立大にも事情を説明したが、受理されなかったという。同大の担当者は神戸新聞の取材に「受験生に落ち度はないが、公平性の観点から受理できなかった」としている。

 県教委によると、生徒はいずれも県立大が第1志望だったため動揺は大きく、学校は特別補習を行ってきた。各生徒の進路については「明らかにできない」としている。この不祥事を受け、県教委は県立高の校長会などで進路指導業務のチェック体制の見直しを要請している。(井上 駿)