【MLB】菊池雄星、登板予定のOP戦が雨で中止 14日の紅白戦で登板へ

©株式会社Creative2

マリナーズ・菊池雄星【写真:田口有史】

紅白戦は5回85球が目処

 東京ドームでの開幕シリーズ第2戦(21日)でメジャーデビューするマリナーズの菊池雄星投手(27)は、12日(日本時間13日)のホワイトソックス戦が雨で流れたため13日(同14日)の紅白戦に登板しアリゾナ最終調整を行うことになった。

 敵地でのオープン戦4試合目の登板は朝からの雨で、試合開始予定の2時間前に中止が決定。菊池はブルペンで30球を投げ調整した。直球、カーブ、スライダーに第4の球種として課題にしてきたチェンジアップを10球投げ感触を確かめていた。

 サービス監督によると、紅白戦では5回85球が目処になる。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)