政府、海賊版対策法案の提出断念

「表現の萎縮を招く」と懸念の声

©一般社団法人共同通信社

昨年、政府が悪質と名指しし、NTTが接続を遮断した海賊版サイトの画面

 政府は13日、インターネット上の違法ダウンロード規制を強化する著作権法改正案の今国会への提出を断念することを決めた。改正案は急増する海賊版サイト対策として全ての著作物を対象に、無断で掲載されたと知りつつダウンロードする行為を違法とする内容だった。だが「表現の萎縮を招く」と懸念の声が上がるなど関係者の理解が十分得られていないとして、同日の自民党関係部会の役員会で了承が得られなかった。

 赤池誠章文部科学部会長は役員会終了後「著作権者、ユーザー双方の不安を払拭できていない。次期国会に向けて仕切り直すべきだ」と語った。