谷垣氏、参院選の出馬要請断る

二階幹事長に「リハビリ中心」と

©一般社団法人共同通信社

会談後、記者団の取材に応じる自民党の谷垣禎一前幹事長=13日午後、東京都内のホテル

 自民党の二階俊博幹事長は13日昼、自転車事故で重傷を負って衆院議員を引退した谷垣禎一前幹事長と東京都内のホテルで会食し、夏の参院選比例代表への出馬を要請した。谷垣氏は「リハビリ中心に生活を送りたい」として断った。

 谷垣氏は頸髄を損傷し、車いすを使っている。野党時代に党総裁を務め、功労者として党内から国政復帰に期待する声が多数上がっている。二階氏は谷垣氏に「元気に帰ってくる日をお待ちしたい。党幹部全員の気持ちだ」と出馬を検討するよう求めた。

 ただ、谷垣氏の気持ちは固いとみられる。

 会談は、二階氏が党大会でスピーチした谷垣氏にお礼を伝えたいとして打診した。