墜落同機種、海外4社が運航中止

MAX8、日本乗り入れ

©一般社団法人共同通信社

 エチオピアで墜落事故があったボーイング737MAX8に関し、成田など日本の6空港に定期便で運航する外国の航空会社4社全てが、同機種の運航を取りやめたことが13日、国土交通省への取材で分かった。別の機種に変更する対応をしており、欠航などは確認されていない。

 国交省によると、4社は中国の厦門航空、山東航空、シンガポールのシルクエアー、韓国の格安航空会社(LCC)イースター航空。6空港は成田のほか、新千歳、関西、広島、福岡、宮崎。中国とシンガポールでは、航空当局が運航停止を指示、イースター航空は自社の判断で取りやめた。