品質データ改ざん巡る裁判 神戸製鋼所に罰金1億円

©株式会社 サンテレビジョン

神戸製鋼所のアルミ製品などの品質データ改ざん事件を巡り、東京の立川簡易裁判所は13日、神鋼に対し罰金1億円の判決を言い渡しました。

神戸製鋼所は、2016年9月からおととし9月までの間、栃木県の真岡製造所など3つの工場で、顧客と合意した製品の仕様を満たしていないにも関わらず、虚偽の品質を記載した証明書およそ300通を作成し顧客に交付したとして、不正競争防止法違反の罪に問われていました。

去年、東京の立川簡裁で開かれた初公判で神鋼は起訴内容を認めていて、検察側は論告で、40年以上にわたり虚偽表示を続け、顧客の信頼を裏切ったとし、「日本のものづくりに対する信頼を失墜させた結果は極めて重大だ」と指摘していました。

13日の判決で立川簡裁の八木正一裁判官は、求刑通り神鋼に対し、罰金1億円の判決を言い渡しました。