日産、会長職は当面空席

ルノーに配慮

©一般社団法人共同通信社

 日産自動車がカルロス・ゴーン前会長の後任の会長職を置かず、当面空席とする方針を固めたことが13日、分かった。企業連合を組むフランス自動車大手ルノーが日産の会長職を求めない方針を示したことから、ルノー側に配慮する。関係者が明らかにした。取締役会議長には前経団連会長の榊原定征氏を充てる方向で調整している。

 社外の弁護士らでつくる「ガバナンス(統治)改善特別委員会」が今月末に統治機能の強化策などを提言し、日産は速やかに要職人事を決めたい考えだ。社外取締役を増やし、取締役会議長を社外取締役が担うなどの内容が提言に盛り込まれる見通しだ。