マカオ、カジノ内窃盗事件の容疑者逮捕…中国本土からマカオへ再入境時に

©大航海時代新聞出版社有限公司

マカオ司法警察局(資料)—本紙撮影

 マカオ司法警察局は3月12日、マカオ半島新口岸地区のカジノ施設内で今年(2019年)1月29日未明に発生した窃盗事件の容疑者として、中国本土出身の自称無職の女(44)を逮捕したと発表した。

 警察発表によれば、被害者は女性ギャンブラーで、カジノテーブルでプレイに熱中している隙に外套のポケットに入っていた現金およそ3万3000香港ドル(日本円換算:約47万円)を盗まれたという。その後、被害者から通報を受けた警察が捜査に着手し、容疑者の身元の特定に成功。3月8日夜、容疑者が中国本土からマカオへ再入境したことから、關閘イミグレーション施設で逮捕するに至った。

 容疑者は警察の調べに対して犯行を認め、盗んだ現金については日常生活で使い果たしたなどと供述をしているとのこと。警察は容疑者を加重窃盗罪で送検する方針。