海賊版対策、法案修正も

違法対象の範囲焦点

©一般社団法人共同通信社

 文化庁は13日、インターネット上の違法ダウンロード規制を強化する著作権法の今国会での改正見送りを受け、法案の一部修正を含めた検討に着手した。どこまでを違法対象とするかが焦点で、著作権関係団体から意見を聞くほか、有識者でつくる文化審議会に改めて諮ることも視野に入れる。ただ調整には時間がかかる見通しだ。

 柴山昌彦文部科学相は記者団に「懸念を持っている皆さんの意見を丁寧に踏まえ、議論を進めたい」と述べた。

 改正案は、海賊版サイト対策として、無断掲載と知りつつダウンロードする行為を違法化し、対象を現行の音楽・映像から全ての著作物に拡大することが柱。