【高校野球】智弁和歌山、5発26安打27得点で大勝 中谷仁監督の甲子園初采配へ視界良好

©株式会社Creative2

智弁和歌山4番の東妻純平【写真:沢井史】

3度も打者一巡の猛攻、先制弾の西川は「冬の基本練習を選抜で発揮したい」

 第91回選抜高校野球大会に出場する智弁和歌山が13日、和歌山市内でクラーク国際(北海道)と練習試合を行い、27-4で大勝した。5本塁打を含む26安打の猛攻で、3度も打者一巡するなど攻撃の手を緩めず。昨秋に監督に就任した中谷仁監督の甲子園初采配に向け、視界は良好だ。

 注目の3番・黒川史陽二塁手(2年)は6打数3安打4打点。4番の東妻純平捕手(2年)は6打数3安打5打点と大暴れ。だが中谷仁監督は「今日は風が強いしグラウンドが狭いので、今日の結果で勘違いはしないでほしい」と表情を引き締める。1番の細川凌平中堅手(1年)は2打席連続本塁打を放ったが「まだまだなところが多いです。自分はホームランバッターではないので、これからは出塁にこだわっていきたい」と謙虚に話した。

 先制アーチを放った西川晋太郎遊撃手(2年)も「(ホームランは)いい感じで打てましたけれど、自分は繋ぐのが役目。チャンスに打席に立つと、どうしても引っ張りにいってしまう」。試合途中には高嶋仁前監督が試合を見に訪れ、打球を見ながら「西川は三遊間に打っても何ともなあと思うんですよ。西川は逆方向にしっかり打てるのがいいんです」と話していた。

 この日はセンター方向をしっかり意識した打球や、芯で捕らえた右方向の強い打球も見られた。自身のポイントで打てていることを再確認できたと振り返るが、守備のミスが失点に繋がった場面があり「周りをしっかり見てプレーできるようにしたい」と前を見た。1年夏からレギュラーで4季連続甲子園出場中の西川。「この冬は基本練習をしっかりやってきたので、それを選抜で発揮したい」と語気を強めた。

 そして東妻も打撃の好調ぶりについて「体が開いて引っ掛ける打球が減ってきたと思います」と選抜に向けて順調ぶりを確認した。昨秋以降、ピッチャーとのコミュニケーションを大事にし、とにかく会話を増やした。智弁和歌山といえば複数の投手を起用することが多いが、その分、色んな投手と話をしなければならない。それでも東妻は積極的に話しかけ、その日のピッチャーの状態などを把握。きめ細かくピッチャーの表情をチェックし、リードにも生かす。

 東妻は今大会、注目の捕手の一人でもあるが、西川と同じく4度目の大舞台でどんなパフォーマンスを披露するのか、期待は膨らむ。(沢井史 / Fumi Sawai)