米、対中協議で妥結急がず

首脳会談4月か、譲歩狙う

©一般社団法人共同通信社

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は13日、中国との貿易協議で「妥結を急がない」と記者団に述べた。決着を図る米中首脳会談を月内に開催する意向を強調してきたが、4月にずれ込む可能性を示した。交渉終盤で中国の構造改革を巡りぎりぎりまで譲歩を引き出すのが狙いとみられる。

 トランプ氏は協議は「非常にうまくいっている」としつつも「米国にとって素晴らしい取引をするか、全く取引をしないかだ」と説明した。解決すべき課題が残っていることをにじませ、合意できない場合は「追加関税を課す」とした。

 米中双方の隔たりで依然大きいのは、合意内容の実施を求める仕組みづくりだ。