ルノー、日産、三菱のアライアンスはより強固なものへ

©オートックワン株式会社

ルノー、日産自動車、三菱自動車合同記者会見 新たに設置されるアライアンス オペレーティング ボードのメンバー

3社の協力体制を再確認し、世界一の自動車連合へ

2019年3月12日、ルノー、日産自動車、そして三菱自動車の3社による共同発表が行われた。

今回の発表では、同3社のアライアンスをより強固なものにし、継続的かつ今後の成功を支えるための土台作りとして、『アライアンス オペレーティング ボード(以下アライアンス ボード)」が新たに設立されることとなった。このアライアンス ボードには、議長にルノー会長であるジャンドミニク スナール氏が就き、日産の取締役社長兼CEOである西川 廣人氏、三菱自動車の取締役会長CEOである益子 修氏、そしてルノーCEOであるティエリー ボロレ氏がボードメンバーとしてそれぞれ着任する。

[アライアンスの首脳陣はこの4名](

アライアンス ボードは、3社の協業をさらに推進させるとともに、各社の株主及び従業員の価値創造を実現するための取り組みを追及していくために設置されたもので、従来のRNBVおよびNMBVに代わり、アライアンス内のオペレーションおよびガバナンスを監督する唯一の機関となるという。RNBVとはルノーと日産が半分ずつ出資する連合の統括会社、 NMBVは日産と三菱の統括会社で、どちらも拠点はオランダ。アライアンスボードの設置後もRNBVは存続され、アライアンス ボードの予備として機能するという。また、ルノーの会長は日産の指名の元、臨時株主総会の承認をもって、同社の取締役に就任する予定。

カルロス ゴーン氏の逮捕に端を発したこのルノー、日産、三菱によるアライアンス問題だが、急速な変化と競争が激化している世界の自動車業界において優位に立つための施策として、まず3社が改めて協業していくことを確認するという結果となった。