公明の大阪府本部が小西氏推薦へ

知事選、自民擁立候補を

©一般社団法人共同通信社

 大阪維新の会代表の松井一郎大阪府知事と吉村洋文大阪市長が辞職し、立場を入れ替えて立候補するダブル選で、公明党府本部が、自民党からの要請を受諾して知事選に無所属で出馬する元副知事小西禎一氏(64)を推薦する方針を固めたことが14日、関係者への取材で分かった。

 府本部関係者によると、小西氏から推薦依頼があり、対応を検討した。近く機関決定し、党本部に承認を求める。

 松井氏が知事に再選され、吉村氏が大阪市長に初当選した前回2015年のダブル選で公明党府本部は自主投票だったが、今回は大阪都構想の住民投票を巡り大阪維新と激しく対立した経緯で、「反維新」を鮮明にした。